相談の詳細

ある発明を特許出願をした後にプラスアルファーの発明をした場合について

ある発明について特許出願をしました。しかし、その後にその発明に関してプラスアルファーの発明が思いつきました。その場合は再度特許出願をしなければならないのでしょうか。
吉田雅子 さん
2023-09-21 00:19

タイムライン

無料
青井 隆徳 弁理士
特許出願(先の出願)後に改良発明をした場合には、その先の出願を基礎とした優先権を主張して、先の出願の内容と改良発明の内容を含む特許出願(後の出願)をすることができます。この制度を国内優先権制度といいます。 ご質問にあるように、再度特許出願をすることにはなりますが、後の出願は先の出願の内容を含んだ包括的で漏れがない出願となっており、先の出願はその出願日から1年4ヶ月後に取り下げたものとみなされますので、一の特許出願として審査されることになります。 なお、後の出願は先の出願から1年以内に優先権主張をして出願をしなければならない等の一定の制約がありますので注意が必要です。
2023-09-21 00:43
ページの先頭へ戻る