相談の詳細

小説の内容に関する知識財産

小説の内容に関する知識財産に関してご質問いたします。 小説のように長い文章で構成された作品において、小規模の類似内容が見受けられることは頻繁に存在するかと考えられますが、後の作品にて、先の小規模類似内容の大部分に依拠したとみられる箇所の確認がなされた際、またその箇所は作品のごく一部である際でも、著作権の侵害にはあたらないのでしょうか? 何卒ご教示いただけますと幸甚に存じます。
イチロー さん
2024-02-20 10:18

タイムライン

シルバー
草苅 旬一 弁理士
一般論として、小説の一部分について著作権は発生します。 そのため原則として、当該部分に依拠し、 同一または類似の一節を含む文章が創作された場合には、 著作権侵害の疑義が生じます。 但し、適切な引用がなされている場合には、適法となる場合があります。 この場合には、「報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内」 に当たらねばならないことから「後の作品」が過去の小説の批評を行ったものではなく 物語等の小説などである場合には原則として引用とならないことにご注意ください。 また、侵害が疑われる部分がごく一部であり数文字程度であれば著作物に該当しない場合もありますが、分量次第では微妙な場合もありますので、都度専門家に確認いただくのが良いと考えます。
2024-03-27 02:55
ページの先頭へ戻る