知財相談の事例を探す

知財相談一覧

著作権
音楽著作権サイト
音楽著作権に関する情報を提供するサイトやプラットフォームがありますが、それらの信頼性や利用の仕方について教えてください。著作権に関する情報を正しく理解し、適切な利用を行うためのポイントや注意点は何ですか?
2024-06-13 07:09
まだ回答がありません
著作権
著作権ロンダリングの意味
著作権ロンダリングとはどのようなものですか?この用語の意味や背景、実際のケースや影響について詳しく説明していただけますか?また、ロンダリングが著作権管理に与える影響や問題点についても教えていただけますか?
2024-06-12 18:41
まだ回答がありません
不明
売れてる製品のデザインを真似していいのか
ECサイトなどで売れている工具などの製品のデザインを真似すると何かの権利に引っかかりますか? 丸パクリではなく、少しデザインを変えます。
2024-06-12 18:16
無料
(未入力) 弁理士
少しデザインを変えても権利を侵してしまう可能性はありますので注意が必要です。 ・まずひとつに、その工具のプロダクトデザインに関して意匠権が登録されている場合は要注意です。 意匠権が登録されている場合、その権利者以外はそのデザインを無断で使うことが出来ません(権利者から製造販売を中止しろと言われたら従うしかなくなります)。 では、同一のデザインでなかったらセーフかというとそうではありません。 すなわち、意匠権による保護は登録されているものと「類似」するデザインに及ぶためです。どの程度似ていたら「類似」になるのかというのは、専門的な検討が必要となるため弁理士に相談することをお勧めします。 ・次に、意匠権が存在していなくても不正競争防止法により違法行為と判断される恐れがあるため注意が必要です。 不正競争防止法の対象になるものは有名なデザインと同一のデザインですが、多少の差であれば同一とみなされる可能性は十分にあります。そのため、こちらに関しても弁理士に相談することをお勧めします。 (参考にしようとしている工具が発売されてから一定期間を過ぎている場合は対象外です。こちらに関しても弁理士にご相談ください)
...もっと見る
知財全般 特許
スタートアップの特許活用の成功例
ふわっとした質問ですが、スタートアップで特許をうまく活用して成功した企業がもしあれば教えて下さい。
2024-06-02 15:10
無料
(未入力) 弁理士
成功の解釈はそれぞれなので、その点に関しては期待された回答は難しいかもしれません。 一方で、特許(知財)を積極的に活用した企業という点でいうと、例えば、毎年経済産業省や特許庁が「知財功労賞」という表彰を行っています。 受賞企業やその取り組みを確認することができるので、一度お目通ししてみてはいかがでしょうか。 https://www.jpo.go.jp/news/koho/tizai_koro/2024_tizai_kourou.html
...もっと見る
知財全般 特許 知財戦略
スタートアップで特許などをどう考えるべきか
スタートアップとして活動しており、コンテンツなどを提供する会員サイトを開発しています。 漠然とした質問ですが、特許を取れるポイントは例えばどのようなことがありますか? また、特許を取るメリットとして例えばどんなことがありますか? 資金調達にプラスになるといったメリットがあると嬉しいのですが。
2024-05-22 21:35
シルバー
草苅 旬一 弁理士
1.特許取得の際に最も重要なポイントはこれまでに世の中に出ていない技術であることです。 自社サービスが単にコンテンツを提供するのみであれば、 そのようなサービスは既にどこにでもありますが、 例えば提供の方法に新しさがあれば権利化の可能性があります。 この点特許事務所へご相談いただくことで、 特許取得が可能であるか調査が可能であるので権利化の可能性を感じている場合には、 ご相談をお勧めします。 2.権利化するメリット ①出願をすることで、投資家や取引先などへ説明をし易くなります。 出願をしていれば権利化可能性を失うことが無くなるため、 比較的明確な形でプレゼンを出来るようになります。 ②第三者の参入を排除することが出来るため、その分野において自社のポジションを確立する事が出来ます。 他方、その技術の使用に関して自社の事業を差し止められることがなくなります(他者の権利を含む場合には別です)。 ③権利化することにより投資家が積極的な評価をすることができ、有利に評価の算定を受けること出来るようになります。 また関連して、権利化を図っていることによって自社の技術を欲している会社等に自社を発見してもらい易くなります。 以上の他にもメリットは考えられます(例えば他社との取引材料とすることが出来るなど)。 新規の技術を開発した場合には、権利化を検討/相談されるようお勧めします。
...もっと見る
最初のページ
1 ページ
ページの先頭へ戻る