知財の相談ならチザCOM
弁理士に知財相談をできる! 自分に合った弁理士を探せる!
知的財産(知財)に詳しくない方も詳しい方も弁理士に知財に関する多様な相談が無料で可能です。 チザCOMの具体的なメリット

知財相談の事例を探す

新規知財相談

著作権
イラスト生成AIと著作権
生成AIに作風や構図を指定して描かせた場合、著作権に抵触するのでしょうか。 例えばイラスト生成AIに手塚治虫の画風で映画のポスターの構図でイラストを描かせた場合、著作権はどこに帰属しますか。
2024-02-20 09:06
シルバー
草苅 旬一 弁理士
生成AIを利用してイラストを作成した場合の著作権の問題については議論なされており 状況は流動的ですが、概ね次の点が指摘されています。 1.侵害となる場合 話をシンプルにするため、手塚治虫の画風のイラストを作成した例に従いますと、 (1)イラストが例えば鉄腕アトムと同一またはアトムを想起させるほど類似していること。 (2)イラストが鉄腕アトム他手塚治虫の作品に「依拠」して作成されたと言えること。 の2点が揃う場合には著作権侵害の余地があるとされます。 (1)については、画風や作風そのものは著作権の対象にならない点に注意が必要です。 (2)については、様々な議論がありますが、例えば学習データに手塚治虫の作品がありこれが利用されている場合に依拠性があるとの見解があります。 議論は流動的なため、今後の裁判例や文化庁のリリースに注意が必要です。 ※なお鑑賞のみの目的で作成するなど、 「私的利用」に留まる場合には侵害には問われません。 2.著作権の帰属先について AIイラストの作成について、 AIに具体的な指示(創作的な工夫)を与えつつイラストを作成した場合には、 出力されたイラストは著作物とされる場合があります。 ※具体的にどのような工夫が必要かについては議論がされている段階です。 そのため、そのようなケースではAI利用者に著作権が帰属します。 また、出力されたイラストは二次的著作物に該当する可能性があります (AIをペンに置き換えると理解しやすいと思います)。 そのため、仮に適法に出力されたイラストであっても、 現著作物の著作権者に権利が発生します(法28条)。 以上回答いたします。 なお、これらについての議論状況は流動的であるため、 異なった見解や事例によっては別の考え方に拠る裁判例が登場することも予想されます。 そのため、注意を払いつつAIを利用していただくのが良いと考えます。
...もっと見る
著作権
オリジナルの料理レシピの著作権
レシピサイトに創作料理を投稿しています。過去に自分が創作し投稿した料理と全く同じレシピが、全く別のユーザーから提案され、新たにおすすめメニューとして取り上げられているのを見つけました。これは著作権の侵害には当たらないのでしょうか?
2024-02-20 04:18
シルバー
草苅 旬一 弁理士
料理のレシピサイトに質問者様が投稿したレシピと 同じレシピを第三者が投稿していたとのことでしょうか。 まず、レシピそのものは著作権の対象にはなりません。 著作権は具体的な表現に発生するためです。 しかしながら、掲載したレシピは表現次第では著作権の対象になり得ます。 ただし、よくレシピサイトに見られるように 事実を記載したものに留まる場合には著作権は発生しません。 次に、写真を掲載していた場合には、写真には著作権が発生することがあります。 配置や組み合わせ、光の当て具合など被写体や撮影方法に工夫がある場合には、 著作権が発生することがあります。 そのため、掲載した写真をそのまま、または同じように撮影したものを、 第三者が掲載した場合には著作権侵害となるケースがあります。 以上、レシピそのものには著作権侵害は生じませんが、 掲載した文章や写真には著作権が発生することがあります。 なお、規約によっては投稿内容についての著作権が、 ウェブサイト側に移転する場合もあります。 その場合には投稿内容に関する著作権は質問者様に無いため、 侵害に関する責任追及はできない点にご注意ください。
...もっと見る
知財全般
記事の作成の著作権
記事の作成をしているのですが、著作権はどちらの方になるのか疑問ですね。依頼側に関しては、著作権があるのか不安ですね。
2024-02-20 02:28
シルバー
草苅 旬一 弁理士
記事が著作物であるということを前提に以下ご説明をします。 著作権は著作者に帰属します。 そのため記事の作成者が著作権者となります。 但し、労働(もしくは労働類似関係)のある場合などで、 一定の要件を備える場合には職務著作として、 使用者が著作者となります(法15条)。 また、職務著作でないとしても契約で著作権者を定めることができます。 以上から、質問者様のおかれた状況について、 契約内容、職務著作の成立の有無について お調べいただくことで、記事についての著作権の所在が明らかになると思われます。 以上ご回答します。
...もっと見る
特許
ミドリオートレザー
ミドリオートレザーの特許について教えてください。
2024-02-11 16:29
無料
山口真二郎 弁理士
特定の会社による出願を検索される場合には、特許庁データベースPLATPATで検索します。 詳細には「検索項目」を「出願/権利者/著者帰属」に設定して社名を入力します(部分検索)。 https://www.j-platpat.inpit.go.jp/p0100 ただし特許出願の場合、出願日からおよそ1年6月以内の出願の内容は公開されませんのでご注意ください。
...もっと見る
著作権
ゲームのキャラクター名
ゲームのキャラクター名で知的財産権に違反してしまうことはあるのでしょうか。 例えば、ドラゴンクエストのように、自分で自由にキャラクターに名前を付けられるものに、有名人の名前や他ゲームのキャラクターなどをつけるとNGなのか知りたいです。 個人利用の場合、Youtubeなどで不特定多数に発信する場合など、条件によって変わるのであれば、それも知りたいです。
2024-01-29 15:17
シルバー
草苅 旬一 弁理士
キャラクター名の取り扱いについてですね。 (前提) 基本的にキャラクター名は短く創作者の個性が発揮されにくいため 原則として著作物として認められない傾向が強いです。 近年19文字のキャラクター名について人物特定のための符号に過ぎないとして、 著作物性を否定する下級審判決が現れています。 但し、数十文字にわたるきわめて長いキャラクター名の場合には、 著作物と認められる余地はあります(現実的ではないので以下ではこの点は捨象します)。 (ゲーム内利用について) ゲーム内において名前を付ける場合には一般的に数文字程度ですので、 付けた名前が著作物となることはまずありません。 有名人の名前(実名)や数文字程度の芸名は著作物ではありません。 また、個人でゲームをする場合に使用する限りでは個々の著作権(支分権と言います) に抵触するものではありません。 以上から現状著作権侵害が成立する心配はないといえます。 (youtubeなどでの配信) youtubeなどでゲーム配信をする場合でしょうか。 上記の通り、著作権侵害の発生は想定しにくいですが、 商標権侵害の発生は考えられます。 特にyoutube上で活動している人物の名前を使用する場合には 商標権侵害の発生を避けるため、更には、炎上トラブルの発生を避けるため 原則として使用しないという点にご注意ください。 また、典型的には「有名芸人名+侮辱的用語」のような 使用の仕方をする場合には不法行為や犯罪成立のケースがありうるため 絶対に避けるようにしてください。 微妙なケースについては原則として避け、 コストを掛けても良いのであれば専門家のアドバイスを得るようお願いします。
...もっと見る
もっと見る

弁理士を探す

注目弁理士

知財の記事を探す

新着知財記事

知財全般 特許 知財戦略
夢を形にするものづくり!ものづくりのプロ中のプロ、米田社長にインタビュー!
こんにちは。株式会社IPリッチ代表取締役の草野です。 今回は”ものづくり×知財”特集ということで、試作から量産まで1社でできるものづくりのプロ中のプロである株式会社YONEDAの米田社長へのインタビューをお届けします。 誰でもヒット商品を生み出せる可能性があるということで、これまでものづくりに全くご縁がなかった方にも是非お読みいただきたいです。 1. 米田社長のご紹介 父が経営する板金工場で子供の
知財全般 知財戦略 資格
弁理士とは知的財産権のプロフェッショナル!仕事内容を詳しく紹介
弁理士とは知的財産権のプロフェッショナルですが、弁理士という職業を知っていますか? どのような場合に弁理士に依頼し、知的財産権とはどのような権利なのでしょうか? また、弁理士や知的財産権について以下のような疑問はありませんか? ·       弁理士の仕事内容が分からない ·       知的財産権がどのようなものか分からない ·       知的財産権と取得するメリットが分からない 本記事では、
知財全般 知財関連業務
一目で分かる知的財産(権)の種類と内容(特許/商標/意匠/著作権)【知的財産全体編】
こんにちは。株式会社IPリッチ代表取締役の草野です。 今回は、知的財産の種類と内容について簡単に分かりやすく説明します。知的財産や知的財産権は、概念が複雑で分かりにくいと言われることがあります。しかし、この記事を通じて、それぞれの種類と具体的な例を用いて説明し、より理解しやすくしていきましょう。 1. 執筆者紹介 上智大学大学院物理学領域卒業後に富士ゼロックス(株)知的財産部にて特許業務に従事し、
知財全般 商標
AFURI商標問題とは何だったのか、ポイントを解説
1. 執筆者紹介 弁理士 岡崎真洋(岡崎弁理士事務所) 2016年、経理・会計のアウトソーシング事業で、個人事業主を開業。2019年、人材系ベンチャー企業に出向、管理部門立ち上げ業務に従事。以降、中小企業の経理部門の立ち上げコンサルの他、事務代行、ロゴ・HPなどのデザイン業務まで幅広く対応し、“経営アドバイスから作業代行までのワンストップサポート”で中小企業・ベンチャーを総合的に支援。また、202
知財全般
特許や商標の本当によくある失敗
こんにちは。株式会社IPリッチ代表取締役の草野です。 今回は特許と商標についての一般的な失敗についてお伝えします。知的財産に関する事柄は複雑で難かしいことが多いため、多くの失敗が発生します。こういった失敗はあらかじめ知っておくことで回避できる可能性が高いので知っていただけたら嬉しいです。 執筆者紹介 上智大学大学院物理学領域卒業後に富士ゼロックス(株)知的財産部にて特許業務に従事し、2016年に(
もっと見る
ページの先頭へ戻る